画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

宮下典子さん
健斗くん(5歳)

ムシバイの味を気に入っているようで、歯みがきのあとに食べるのを楽しみに、進んで歯みがきをしてくれるようになりました。

あの手この手でなんとか歯みがきをさせていた当時の時間がウソのようです。今では、歯みがきタイムは、私がゆっくりできる時間になりました。

ムシバイのおかげなのか、毎日ちゃんと歯を磨くようになったからなのか、使い始めてからは、むし歯ゼロです。

※個人の感想です。効果を保証するものではなく、個人差があります。

画像

画像

古賀みゆきさん
かえでちゃん(9歳)

子どもは、毎日しっかり歯みがきをしていたと思うのです
が、それでもむし歯になっていました。

まだ乳歯だったので、なんとかなるとは思っていましたが、どうするかは決められず…。
やっぱり今が大事なタイミングだと思って、インターネットで見つけたモノの中から良さそうだったムシバイを試すことにしました。

最初は「本当に意味があるのか?」と半信半疑なところもありましたが、使ってみて満足です。今では親子共々、欠かせなくなりました。

大人でも完璧とは言い切れない歯みがきですが、ムシバイを使うことで最後の仕上げをしてくれてると実感してます!

※個人の感想です。効果を保証するものではなく、個人差があります。

画像

  • 何度言っても歯みがきを嫌がる子ども。
    毎日なんとか歯みがきさせてるけど
    イライラがたまる…
  • やっとのことで歯みがきしたと思ったのに
    おやつを食べて、またやり直しさせるはめに…
  • 気をつけて磨いているのにむし歯ができてしまった…
    そして治療したばかりなのに、またむし歯が…
  • 仕上げ磨きが、ちゃんとできていないのかな…
  • やっぱり親のむし歯が多いから、子どももむし歯になるのかな…
  • 永久歯がむし歯になったらどうしよう…
  • なんだか子どもの口臭が気になる。
    友だちにいじめられないか心配…

画像

画像

画像

画像

画像

画像

お口の中には500種類以上の細菌・微生物が生息しているといわれます。
その数は合わせると1000億~1兆個。

数が多いと良くないのでは?と不安に思うかもしれないですがそうではありません。

歯と口の中の健康で大切なことは、数よりもバランスです。悪玉菌よりも善玉菌を優位にすることが大切です。

画像

画像

画像

厚生労働省が調査した結果によれば、平成29年度の年齢別むし歯がある子どもの割合は、8歳、9歳共に50%を超えています!

むし歯の乳歯が生え変わり終わるピークの12歳は34%と少ないですが、年々増加し、17歳になるとまた50%を超えてしまいます。

だからこそ、小さいときからケアしていくことが大切。乳歯だから大丈夫、と思っていると危険ですよ!

画像画像

乳歯は永久歯よりもエナメル質が薄くてやわらかいので、むし歯の進行が永久歯よりも驚くほど早く、あっという間に歯の神経にまで届いてズキズキと激しく痛むようになります。

でも、「乳歯は生え変わるから、むし歯になっても大丈夫。」と思われていると後から大変です。

むし歯の乳歯があると、口の中も虫歯菌でいっぱいなので、そこに永久歯が生えてくると、普通よりもむし歯になりやすくなってしまいます。

大人になってちゃんと歯をきれいに治療しようとすると、お金も時間も、子ども身体にも大きな負担がのしかかってしまいます…

画像

画像

画像

就寝中は唾液がほとんど出ないので口の中は酸性の状態が長く続きます。

すると、細菌が定着しやすくなるので、むし歯・歯周病になりやすくなります。

夜ご飯を食べて、歯みがきをせずにそのまま寝てしまうと、朝にはむし歯の原因となるミュータンス菌が食後の30倍にも増加するという研究結果が出ているほどです。

画像

画像

「どうしてそこまで?」と不思議なくらいに子どもは
歯みがきを嫌がる。

寝る前の歯みがきは疲れるだけじゃなくて、ストレスも
いっぱい。

そして歯みがき嫌いが治る気配もない…

画像

画像

大切な子どもの大切な歯。

安心して身体に取り入れられるヒト由来の乳酸菌が、
お口の中の環境維持をサポート!

特許成分PS-B1とスーパー乳酸菌のクリスパタス菌を
配合したヨーグルト味のおいしい口腔ケアチュアブル。

画像

画像

画像

クリスパタス菌は、ヒト由来の乳酸菌です。乳酸菌には、「動物由来」や「植物由来」があり、そして、クリスパタス菌は「ヒト由来」です。

クリスパタス菌は、女性の産道にたくさん存在します。赤ちゃんが産道を通って生まれるときに、最初にお母さんから渡されるのが、この乳酸菌なのです。

画像

画像

画像

「動物由来」や「植物由来」の乳酸菌は、市販の商品でもよく見ますけど「ヒト由来」の乳酸菌って初めて聞いたって人多いんじゃないでしょうか?

それもそのはず、クリスパスタ菌は、ずっと培養するのが困難だ、といわれていたんです。そんな中、とある大学が集まり、開発した特許技術によって、大量生産ができるようになったのです。

画像

画像

ヒト由来のクリスパタス菌は、植物由来、動物由来の乳酸菌と比べて、守る力が段違いです。

その強さで、お子さんの歯もしっかりガードします。

画像

画像

乳酸菌と言えば、熱に弱いものが多いですが、
クリスパスタ菌は違います!

熱に強く、例えば、180℃の熱で加熱したとしても、その機能はかわることはありません。

つまり、どんな環境でも、その力を発揮することができるのです。
体内に入ってもしっかり活動してくるので、より効果が期待できます。

画像

画像

特許成分のPS-B1は21種の乳酸菌をもとに、前培養として単菌培養、複合培養、共棲培養と3段階の培養を経てはじめて、本培養に至ります。

さらに、本培養も国産の有機大豆を培地としているので、乳アレルギーのお子様でも安心してお召し上がりいただけます。PS-B1は自然由来の成分で、お口のなかにいる善玉菌の働きをサポートして、口腔環境を整えてくれます。

殺菌剤のように良い菌も悪い菌も無差別に殺してしまうものではないので、安心です。

画像

キシリトールが歯に優しい理由は、虫歯菌の原因となる「酸」を作らないからです。

砂糖と同じくらいの甘味がありながら、カロリーは砂糖と比べて約15%少なめです。

さらに、その甘味で唾液の分泌が促されるので、歯の再石灰化作用も期待できます。

自然界でもイチゴやカリフラワーなど果物や野菜に豊富に含まれていますが、口の中に長く留まることが重要なので、食品から摂ることには向いていません。

画像

画像

ムシバイは、お菓子みたいにポリポリ食べれるチュアブルタイプ。お子様でも簡単に楽しく食べれるから、食べさせるのに苦労することもありません。

普段歯みがきに苦労されてるお母さんにとっては、手をかけることなく、お子様の歯のケアができるのはうれしいですよね。

お子様が自ら手に取って食べてくれるので、とっても楽に口腔ケアができます。

画像

どれだけ歯にいいものでも、おいしくなければ続けられません。
大人もそうですが、特に子どもはその傾向が強いです。
「歯にいいから」という理由だけでは食べてくれません。

そこでお子さんにムシバイのことを好きになってもらえるように、いろいろな味を試作した結果、一番人気を集めたヨーグルト味にしました。

歯みがき後に唯一お母さんからも許されたおいしい「おやつ」があるおかげで、今まで歯みがきを嫌がっていたお子様でも、ムシバイを楽しみに、言われなくても自分から、歯みがきをするようになってくれています。

画像

お子様が毎日口にするものなので、成分の優しさにもとことんこだわりました。

殺菌剤・発泡剤・界面活性剤はもちろん、下記の成分も一切使っていません。

ムシバイはお子様の体に優しい成分だけで作られた、小さなお子様でも毎日安心してお使いいただける商品です。

画像

画像

GMPとは厚生労働省が示したガイドラインに基づいた、適正な製品の品質と安全性を確保するための基準です。

原材料の入荷から製造、最終製品の出荷にいたるすべての過程で、基準を満たした構造設備のもと、適切な品質管理・製造管理が行われるように定められています。

このGMP基準で製造することで、安心してお使いいただける製品をご提供できます。

安全テスト合格済み

さらに安心してお使いいただけるように、第三者機関に依頼して厳しい放射線物質検査も実施しています。結果はもちろん「検出せず」でしたのでご安心ください。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

口の中の菌が繁殖して定着しやすいのは就寝中です。
お休み前にしっかり歯を磨きます。

画像

歯磨き後の「おやつ」として
1日1粒お子様に与えます。

画像

噛まずにアメのようにゆっくり
舐める
ようにしてください。

画像

画像

画像

もし、お子様が歯みがきを嫌がっているときは、
はじめに、お父さん・お母さん自身が歯みがきをしたあと、
おいしく食べている様子をお子様に見せてあげると効果的
です。

ご両親がおいしそうに食べているのをみれば、
お子様も食べたくなって歯を磨くようになります。

良い習慣は身につくのに3ヶ月かかると言われていますので、
ムシバイを活用して、毎日の歯みがきの習慣化に
つなげましょう!

画像

画像

ご両親が気づかない間に、お子様が1袋全部食べてしまっていたという連絡をいただいています。健康に害はありませんが、1度に大量に食べるとのど詰まりの原因になります。必ずお子様の手の届かないところ、見えないところで保管するようにしてください。

また、小さいお子様へお与えになるときにも、のど詰まり防止のため、絶対に目を離さないでください。
粒が大きく感じる場合は、スプーンなどで適度な大きさに砕いていただき、そのあとでお与えください。

画像

画像歯みがきを嫌がる子どもの行動をヒントに口腔ケアチュアブル「ムシバイ」は生まれました。

「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という、平成元年に当時の厚生省と日本歯科医師会によって提唱された、通称「8020運動」。生涯にわたって自分の歯でものを噛んで食べることを意味します。

これによってお子様への虫歯「予防」への意識は高まり、平成元年から比べると、虫歯のある子どもの割合は大幅に減少しています。しかし、その一方で、極端にむし歯が多い「口腔崩壊」状態の子どもがいる学校も未だに30%以上あるのも事実です。

歯や頭の痛みで給食も食べられない。このままでは歯がなくなる。
と、診断されるお子様もいらっしゃいます。

私自身、子供の頃は、決して歯みがきが好きだったわけではありません。忘れているだけで、むしろ嫌いだったかもしれません。それは今の子どもたちも同じです。

そんな子どもたちを想ってムシバイは作られました…。

画像画像私には今4歳の娘が1人いますが、ちょうど1歳半をすぎて、奥歯が生えてきたころは、とても苦労しました。

娘のためとはいえ、嫌がる子どもを半分押さえつけるような形で無理やり歯みがきすることは、大きなストレスでしたね。

そんな、私の経験から、同じ状況に悩むお母さんたち、そして無理やり歯みがきをさせられる子どもたち両方のストレスをなくし、歯と口の健康につながるような商品を作りたい、と日々考えていました。

そんなときです。

いつものように就寝前に子どもの歯みがきをしていました。
もちろん、おとなしくしてくれるわけもなく、大泣き。
やっとのことで終わらせて一段落、と思っていたのも束の間、また、お菓子を食べようとしていたんです。

「歯みがきしたあとに食べちゃだめ!」

よくあることでしたが、なぜかそのときは、自分の口から出た言葉に、妙なひっかかりを覚えました。

画像

画像それから数日間、違和感を抱えたまま、商品開発を続けていました。
「んー」と考えが行き詰ったとき、あの違和感からひらめきが生まれたんです!

  • 画像 口内環境を整えてくれる
  • 画像 口臭予防にもつながる
  • 画像 甘くておいしい
  • 画像 なのに、むし歯になりにくい
  • 画像 歯みがき後に食べられるお菓子

そんな商品があったら!!そこから、「ムシバイ」が生まれたんです!

ムシバイは、歯磨きを嫌がるお子様が、喜んで食べてくれます。
これまで苦労していた虫歯対策が、これ1粒でできるんです。

もちろん、お子様が口にするものなので、成分の優しさだけでなく、安全性にもこだわりました

今は、私の娘も愛用中で、おかげで虫歯の問題はありません。

是非、私と同じようにお子様の虫歯でお悩み中のお母さんは、まずは2ヶ月だけ継続してみてください。
その素晴らしさを実感していただけるはずです!

画像

小さいお子様にとって1粒が大きいと感じる場合は、のどにつまらせないように、スプーンなどで小さく砕いたり、割ったりしてから与えるようにしてください。
そして舐めている間も目を離さないようにしてくださいね。

画像

画像

はじめまして。
中丸町デンタルクリニックイン院長の福田と申します。

「乳歯は生え変わるからむし歯になっても大丈夫なんですよね?」

最近よく尋ねられる質問です。

そう思うのも仕方ないのですが、
違うということを強くお伝えしています。

乳歯が、むし歯だらけになっているということは、
口の中が虫歯菌でいっぱいになっているということなんです。
そんな口の中に永久歯が生えてくるとどうなるでしょう。
想像されたとおり、虫歯菌に感染しやすくなります。

永久歯が生え変わるまでの間は、とくに大切な時期です。

画像

はじめまして。
中丸町デンタルクリニックイン院長の福田と申します。

「乳歯は生え変わるからむし歯になっても大丈夫なんですよね?」

最近よく尋ねられる質問です。

そう思うのも仕方ないのですが、
違うということを強くお伝えしています。

乳歯が、むし歯だらけになっているということは、口の中が虫歯菌でいっぱいになっているということなんです。
そんな口の中に永久歯が生えてくるとどうなるでしょう。想想像されたとおり、虫歯菌に感染しやすくなります。

永久歯が生え変わるまでの間は、とくに大切な時期です。

画像

子どもたちの歯みがき嫌いは歯医者の母親でも頭を抱えます。

そんな、ある日私は「ムシバイ」と出会いました。 

ムシバイは、クリスパタス菌と、特許成分「PS-B1」が配合。さらに、むし歯の原因を作らない歯に優しいキシリトールが70%と高い配合率になっています。

味もおいしいヨーグルト味なので、歯みがき後のご褒美として食べさせてあげることで、自然と、歯みがきの習慣化につながりました。

無理やりやらせるのではなく、子どもがすすんで歯みがきをする。歯みがきと歯みがきが終わったあとの時間を親子で楽しくコミュニケーションを取る時間にする。そうすればむし歯もストレスも減っていい事づくしです。

歯医者としてもムシバイをおすすめします。

画像

画像

画像

毎晩嫌がる子どもになんとか口をあけさせて歯みがきをしていました。

お口あーんといっても全然あけてくれなくて、本当にストレスでいっぱいでした。

でも「ムシバイ」を歯磨き後に食べてもいいお菓子としてあげるようになると、自分で歯を磨きたがるようになりました。

今では親子で一緒に歯みがきをして、一緒にムシバイを食べるのが日課です。

※個人の感想です。効果を保証するものではなく、個人差があります。

画像

娘は歯みがきを口の中を一周歯ブラシで触るくらいで終わらせるような感じでした。
なので仕上げ磨きは欠かせなかったのですが、めちゃくちゃ嫌がられてました。

それで、ちゃんと仕上げ磨きさせてくれたときにはムシバイをあげるようにしました。

味も気に入ったようで、仕上げ磨きをお願いしてくれるようになりました。

あの喜びは忘れられません。

画像

※個人の感想です。効果を保証するものではなく、個人差があります。

画像

画像

子どもの口臭が強く、寝起きがとくにひどくて、学校でいじめられないかと心配でした。

もちろん、ちゃんと歯みがきはしていました。
それでたまたま見つけたムシバイを買って試すことにしました。

正直、あまり期待していなかったのですが、使い始めてから徐々に朝の口臭が気にならなくなったことを実感します。

このまま使い続けるつもりです。

※個人の感想です。効果を保証するものではなく、個人差があります。

画像

歯みがきを嫌がるっていうほどではないんですが、治しても治してもむし歯ができていました。

ネットで調べてみたら、歯みがきだけではなくて口腔環境も大事って書いてあったので、ぴったりだったムシバイを購入しました。

そのおかげで歯みがき後のアフターケアになっているのか、むし歯ができにくくなったように感じます。

歯医者さん通いの時間とお金は意外と馬鹿にならないので大変助かっています。

画像

※個人の感想です。効果を保証するものではなく、個人差があります。

画像

画像

毎日毎日、育児と家事に追われて体も心も休まる暇なく、不眠気味でした。特に寝る前の歯みがきを嫌がる子どもとの戦いは、子どもは泣くし、私も疲れ切っているしで、イライラしがちでした。

寝かしつけるときにはそのまま私も倒れるように寝ていたのですが、ムシバイを使いはじめて子どもが歯みがきを嫌がらなくなったので、歯みがきのときにゆっくりした時間を過ごせるようになりました。

落ち着いた気持ちでいられるので、私自身のリラックスタイムにもなり、睡眠不足の解消につながって、穏やかな気持ちでいられるようになりました。

※個人の感想です。効果を保証するものではなく、個人差があります。

画像

画像

子どもはまだ奥歯が生えていません。食べさせても大丈夫ですか?

画像

のど詰まりを防ぐためにも、必ず、奥歯が生えてから食べさせるようにしてあげてください。
歯の生えるスピードにも個人差があるので焦らなくて大丈夫です。
一般的に、1歳半ぐらいになるとお子様の顎の力も十分な強さになっていますので、離乳食の終わり頃を目安に、ムシバイを食べ始めてください。
お子様に与えるときに粒が大きいと感じたときは、必ず砕くようにしてください。

画像

ムシバイを食べれば、虫歯は治りますか?

画像

ムシバイを食べるだけでは虫歯は治りません。
虫歯にならないように口内環境を整えるサポートをします。
ご期待に沿えず申し訳ございません。
虫歯のときは必ず早目に歯医者さんへ連れて行ってあげてください。
虫歯予防に歯みがきは欠かせません。
そして、歯みがきの効果を最大限活かすためには、口内環境や生活習慣なども重要です。
しっかりと歯みがきをしたあと、ムシバイを取り入れて、ゆっくりと善玉菌優勢の口内環境に整えていきましょう。

画像

ムシバイはいつまで使えば虫歯にならなくなりますか?

画像

残念ながら、虫歯にならなくなる、ということはありません。
虫歯菌は常に、増えていく可能性があるものです。
なので、ずっと使い続けて口内環境を保つことが大切です。
ただ、「崩れた口内環境を一度整える」という点と、「お子様の歯みがきを習慣化させる」という2つの観点からいえば、3ヶ月以上使っていただければ大丈夫です。

画像

乳製品のアレルギーがあるのですが、食べても大丈夫ですか?

画像

はい、大丈夫です。
ムシバイに配合されているPS-B1は大豆原料を使って培養した特許成分なので、乳アレルギーのお子様でも安心してお召し上がりいただけます。

画像

乳製品以外のアレルギーがあります。食べても大丈夫ですか?

画像

一度、専門医などにご相談ください。
ムシバイにはアレルギー物質を含む原材料は使っておりませんが、製造工場では一部アレルギー物質を含む製品を生産しております。
そのため、微量でも反応が出てしまうお子様はご使用をお控えいただいた方が安心です。
また特に大豆アレルギーの場合もお気をつけください。原因物質は培養する過程で乳酸菌によってほとんど分解されていますが、原材料はあくまで大豆培地を利用した乳酸菌生産物質となるので、専門医などにご相談の上、注文をご検討ください。

画像

ムシバイを楽天やAmazonで見かけました。本物ですか?

画像

ムシバイの公式販売は、弊社ホームページのみです。
弊社は楽天やAmazonでは一切販売しておりません。
また弊社で販売を公式に許可しているネットショップもありません。
安心してご利用いただくためにも弊社ホームページからのご購入をおすすめします。

画像

ムシバイはドラッグストアなどのお店でも買えますか?

画像

現在、お店で購入していただくことはできません。
「ムシバイ」は弊社ホームページのみでの販売となっています。

画像

ムシバイは大人が食べても問題ないですか?

画像

もちろんです。
お子様は大人の親の真似をしたがるので、ご両親が歯磨き後に美味しそうに食べる姿を見せることでお子様も進んで歯みがきをしてくれるようになるでしょう。
また親の虫歯菌がお子様に移ることもよくあることですので、親子でムシバイを使いながら、虫歯・口臭予防に取り組まれている方も多くいらっしゃいます。安心してご利用ください。

画像

噛んだり、噛み砕いたりしても大丈夫ですか?

画像

ムシバイで口内環境を整えるためには、お口の中でゆっくり溶かしてお召し上がりいただくことがポイントです。なるべく噛まずにゆっくりと舐めるようにしてください。

画像

朝・昼・晩の3回食べてもいいですか?

画像

お召し上がりいただくことには問題ありません。
ですが最もムシバイを実感していただきやすいのは、お口の中の細菌が繁殖しやすい就寝前の歯磨き後です。そのタイミングでお召し上がりいただくことがおすすめです。
また虫歯予防に歯みがきは欠かせませんので、必ず、「歯磨き後のご褒美」というような形でお与えいただくことで、食後の歯みがきを習慣化させていきましょう。

ムシバイの類似品には
ご注意ください

ムシバイは弊社ホームページのみの販売となっており、楽天やAmazonなどのショッピングモールでは販売しておりません。弊社で購入したものをそのまま販売している可能性がありますが、保管時の品質管理に大きな不安があります。安心してご利用いただくためにも弊社ホームページからのご購入をおすすめします。

画像

もしもご購入後、お口に合わない、
思っていたものと違うと感じてもご安心ください。

たとえ商品をすべてお使いになられたとしても、
お届け日から30日以内に商品容器を返品していただければ、
商品代金をお返しいたします。

初めてのご購入時の不安・負担を少しでも抑えていただき、
お試しいただくための返金保証です。

※定期モニターコースでの購入、初回分のみの適応となります。

※返金には商品の返却が必要です。なお、事前にご連絡のない返品はお受け出来ません。

※返品の際に発生した送料、手数料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。

※詳しくはコールセンターまでお問い合わせください。

画像

画像

画像

画像

画像